​​​​©  2013  Progressive Flow Ltd.
 

ADDRESS:  

POB 428, Sde Varburg, Israel 4493500

企業及び組織の永続的な繁栄を支援します

私たちプログレッシブ・フローは、どのような組織であっても全てのステークホルダーとの調和を高めるながら、安定性を損なうことなく、飛躍的な成長が達成できるという根本的な信念を持っています。お客様が新たなより素晴らしい現実を創り出すため、私たちは行動の全てにおいて、常識的なパラダイムに挑戦し続けます。どのような組織でも現状の如何に関わらず、業績パフォーマンスを大幅に向上することができることを私たちは確信しています!

 

プログレッシブ・フローは、民間および公共セクターの主要な組織と共に歩んでいる国際的なコンサルティング会社です。私たちの知識、経験、規模、取り扱い領域は、他で取り扱うことが難しいお客様の根本的課題に取り組むことを可能にしています。私たちは、グローバルなネットワークと同時に、産業界の深く機能的な専門性を有しています。

 

私たちは、お客様が決定的な競争優位性を生じさせる能力を構築することを導きます。そして、お客様がその決定的競争優位性から利益を得て、将来に向けて成長と安定を維持発展させるための支援をいたします。また、私たちもその過程に全力で参加することにより、全ての階層のリーダーシップスキル向上の支援をし、お客様の能力を引き出し、ボトムラインの結果に大きな影響をもたらすこの継続的な取り組みを導きます。

 

思考プロセスを用いることで、私たちは比類のない経営の洞察力を構築します。挑戦するべき課題は何か、変化の本質はどのようなものであるべきか、そして、お客様特有の現実においてどのように変化を引き起こすかを相互に定義することで、お客様の最も困難な問題に立ち向かいます。当社は、財務とオペレーションの結果である実際のボトムラインにより評価されます。そのため、当社のコンサルティング費用のかなりの部分を成果報酬が占めます。

 

私たちは情熱を持って、クライアントの業績を制限している無数の課題に向き合います。私たちのチームは、世界的に著名なエキスパートにより構成されています。私たちは、想像できるほぼ全ての産業、プロジェクトマネジメント、小売、サプライチェーン、製造の各分野で長年蓄積された実績と経験を有しています。

価値ベースのアプローチ

私たちの価値ベースのアプローチは、次の3つのステップに基づいています。

1.      お客様と共に、お客様の現状を支配している現状の因果関係を分析し、何を変えなければならないかを明確にします。これらの分析           ツールにより、症状のみならず、根本的な問題が特定されます。

2.      期待される結果をもたらし、持続的な成長を達成するソリューションの本質について合意を得るために必要な戦略と戦術を構築し適           合させます。組織の階層ごと、機能ごとに、1)変化が必要な理由、2)変化の具体的で測定可能な目的(戦略)、 3)戦略が実現可           能な理由、4)選択肢から戦術を選ぶ際に考慮すべきこと、5)プロセス、方針、測定などに提案される特有の変化について明瞭に表           す、戦略と戦術ツリーと呼ばれる思考ツールを用います。

3.      変化を引き起こす方法を共有する。これは、一般的なコンサルティング会社と私たちが大きく異なる点です。お客様がローカルパフ

         ォーマンスの改善から大規模な戦略の転換に至る変化を実際に作り上げ、比類のない結果を達成するために、私たちは最大限の支援           とガイドをいたします。

導入事例 - チームメンバーによるコンサルティング事例の一部

設計・開発プロジェクト[工藤崇1] –

  • 造船業(日本)

  • 造船業(インド)

  • 世界最大級の一般消費財メーカー(米国、ブラジル、欧州)

  • 石油ガスオフショアサプライヤー(シンガポール)

  • 売上数十億ドル規模の総合エンジニアリングメーカー(インド)

  • 新エンジンプラットフォーム開発(日本)

  • 建設会社(中国)

  • ジェネリック医薬品開発(インド)

 

製造プロジェクト –

  • 電子部品メーカー(日本)

  • 鍛造メーカー(米国)

  • ステンレス調理器具メーカー(中国)

  • シューズメーカー(中国)

  • タオルメーカー(インド)

  • ラベルメーカー(中国)

  • ジェネリック医薬品メーカー(インド)

  • 自動車向けインテリジェントセンサーメーカー(ルクセンブルク)

  • 食品業界向け機械メーカー(日本)

 

小売プロジェクト –

  • ファッション小売(ブラジル)

  • 家電量販(インド)

  • 宝飾品小売(インド)

  • スポーツ用品(ポルトガル)

  • 衣料品小売(インド) 

 

流通プロジェクト –

  • 冷凍食品流通(日本/中国)

  • 鉱業建設業向け設備流通(インド)

  • 自動車電装システム(インド)

  • 製鉄及び流通(インド)

  • ステンレススチール製造及び流通(日本) 

  • 化粧品メーカー(日本)

エリ・ゴールドラット博士

エリ・ゴールドラット博士は、教育者であり、著者であり、科学者であり、哲学者であり、ビジネスリーダーでした。しかしそれよりも彼は、他の人たちが考えることを促す、最初にして最高の思想家でもありました。博士は、組織と個人の役に立つ方法論を具体化した制約理論(TOC)を創設し、発展させました。博士は新しいマネジメントの方法論を開発した世界的に高名なビジネスリーダーであり、博士の仕事は、コンサルタント、学者、教育者、そして各国の数多くの企業により活用され、世界中に広がり続けています。

TOCのコンセプトは、世界的ベストセラーとなった博士のビジネス小説『ザ・ゴール』により紹介されました。この本に続き『チェンジ・ザ・ルール』『クリティカル・チェーン』『ザ・チョイス』『ザ・クリスタルボール』といった様々な著作が発表されました。

1947 – 2011没 (博士の墓標に記されている言葉より)

「私は笑顔で指を数え始めます。1つ、人々は善良である。2つ、どのような対立も解消できる。3つ、最初はどんなに複雑に見えたとしても関係なく、あらゆる状況は極めてシンプルである。4つ、どのような状況であっても大幅に向上させることができる。制限するものはない。5つ、全ての人が充実した人生に辿り着ける。6つ、いつも必ずウィン・ウィンになる解決策が存在する。もっと、数え続けましょうか?」